So-net無料ブログ作成
検索選択

春風亭昇太、集会でもにこやか対応「町内会の評判もよい」

20160614_shouta

 放送開始から50周年を迎えた国民的番組『笑点』。司会を勇退した桂歌丸からバトンを引き継ぎ、新たな“笑点の顔”となったのは、番組内で2番目に若い春風亭昇太。そんな彼の意外な素顔とは?

■家庭菜園にご近所から“ダメ出し”

 昇太はずっと東京の閑静な住宅街に住んでいて、数年前に家を新築。レトロな3階建てで、中庭がある。横に広いガレージがあり、2台並べて車を入れることができる。ピカピカに磨いた愛車を眺めて楽しめる造りだ。

 『笑点』だけではなく、テレビ番組でもよく見る昇太だが、どんな私生活を送っているのか。近所の人に、彼の人となりを聞いてみた。

「庶民的な方で、電車を使っている姿をよく見かけますよ。お引っ越しのご挨拶に来られたときは腰が低くて愛想がよく、最初は昇太さんだと気づかなかったくらいです。お弟子さんや落語仲間の方と一緒にお食事をされているのを見て、周りの方々を大事にする人だなあと思いましたね」(近所に住む女性)

 地元に溶け込んでいるから、隣人とも普通に交流している。周りから愛されているからこそ、こんな“特別指導”も。

「昇太さん、おうちの庭で、ネギを植えているんですよね。そのネギの植え方が間違っていたもんで、町内会の人がレクチャーしてあげたらしいですよ。集金にもにこやかに対応するし、ゴミも所定の日にちゃんと出す方です。ご近所トラブルもないし、町内会の評判もよくて、本当に素敵な方だと思います」(近所に住む別の女性)

 家を建てる前から同じ町に住んでいて、地元愛が育まれたらしい。

「近所の方が企画して、地域住民を招いた落語会を都内の大学の講堂で行ったそうです。このあたりに住んで16年ほどになりますし、地域交流をして貢献しているようです」(近所に住む男性)

 近所の店でも、昇太の姿がよく見かけられている。

「数年前に閉店してしまった近所の精肉店と仲よしでした。楽屋にコロッケの差し入れをしていたこともありますね。よく顔を出していたのが文房具店。ボールペンやノートを買っていたのは、ネタ帳にするつもりだったのかも」(前出・男性)

■面倒見のよさで高評価

 近所の飲食店で食事をすることも多いため、行きつけの店には特別な心遣いも行き届いている。

「駅前の定食屋さんとうなぎ屋さんの常連さんでした。定食屋さんではカツカレーや豚チーズ焼きをよく食べていましたね。『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)のプロデューサーが知り合いということで、昇太さんがオススメしたら本当に取材が来たそうですよ。

 どちらのお店にもサインを贈ったんですが、うなぎ屋さんには特別にうなぎの一筆書き。昇太さんは事前にわざわざ練習してから書いたんです」(常連客)

 昇太のきまじめさがうかがえるエピソードだ。若いときから昇太を知る飲食店経営者も、彼の人格に太鼓判を押す。

「落語家になってから、もう30年近くこの店に通ってくれているよ。よく後輩や同輩を連れてくるんだ。面倒見がいいんだろうねぇ。ほかのお客さんとも気さくに話しているよ。俺も“昇ちゃん”、なんて呼ぶくらい仲がいいからさ。孫を店に連れてきたときは抱っこしてもらったんだ。本当にテレビのまんま。優しい人だよ」

 ご近所だけではなく、後輩からも慕われているようだ。

「昇太さんの弟弟子の柳好さんが本当によく来るのよ。柳好さんに連れられて昇太さんがたまに来ると、テレビと同じ感じでずっとニコニコしてらっしゃるわ。(笑点の司会をやることに関して)柳好さんも、“兄さんは天才だから。落語も昇太流の爆笑落語になるし、司会もできる、演技もできる”って話していたわね。自慢の先輩みたいですよ」(飲食店従業員)


引用元:週刊女性PRIME [シュージョプライム]


中島裕翔の泥酔騒動でHey! Say! JUMPに禁酒令が出ていた

s-nakajima0531

 4月に吉田羊との熱愛報道が出たHey! Say! JUMP中島裕翔。

「今、ふたりとも針のむしろ状態ですよ。苦しい日々が続いていると思います」(スポーツ紙記者)

 熱愛を報じた『週刊ポスト』によれば中島が吉田の家に7連泊したという驚きの内容だったが、双方の事務所は交際を完全否定。その後は沈黙を続けている。実は、その沈黙のウラで、ふたりの身に異変が起こっていたのだ。

「4月1日未明といいますから、吉田の家に7連泊した翌日の話です。居合わせた客の話では、中島がお酒を飲んでいたバーで泥酔し、女性従業員に絡んでいったというんです。見かねた男性従業員が中島を止めようとしたところ、彼はその男性従業員にすごい剣幕で詰め寄ったそうです」(ワイドショースタッフ)

 そのため、店側は110番し、警察が駆けつけ、中島は事情聴取されたという。その後、被害届が出されなかったため、事件化しなかったが、所属事務所であるジャニーズ事務所の知ることとなった。

「中島は'14年7月に、靖国神社の『みたままつり』で泥酔して大騒ぎし警備員に注意されたという過去があります。反省の色が見られないということでメリー副社長が激怒、連帯責任を取らされてグループ全員にこのたび“禁酒令”が出されました」(前出・スポーツ紙記者)

 当初は“謹慎”処分が検討されていたというが、中島は次期クールのドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ系)での主演が決まっていたため、軽い処分になったようだ。

「グループは9人の大所帯で酒好きが多い。ほかのメンバーはこの処分を不満に思っています」(芸能プロ関係者)

 そんなこともあってか、5月中旬に都内の居酒屋で行われた『HOPE』の撮影では、こんな一幕も。

「宴会のシーンだったのですが、なぜか彼はお酒を飲むことを躊躇しているように見えました。それに元気もなかったですね。周りが心配して気を遣っていました」(制作会社関係者)

 一方で、吉田も“肉食系女子”などと言われるようになり、無傷のままではいられなかったようなのだ。

「過去にジャニーズタレントとの交際が発覚しても、なんのおとがめもなかった人もいましたが、今回は相手がまずかった。メリー副社長がジャニーズタレントとの“共演NG”を口にしたといいます」(前出・スポーツ紙記者)

 ジャニーズ事務所が吉田に対して“共演NG”を突きつけた理由とは。

「まず、年齢差が20歳ということ。事務所からすれば、これは健全な交際には見えないということなんです。次に、今、彼らは“ポスト嵐”としてプッシュされているグループです。ですから、イメージダウンは何としても避けたかった。さらに中島は、ジュリー副社長のお気に入りと言われていますから、彼女としては年上女性との交際が許せなかったのではないでしょうか」(前出・芸能プロ関係者)

 一方、沈黙を守っていた吉田だったが、5月22日、トークショーに出席。会場に詰めかけたファンを前にして涙を見せ、さまざまな憶測を呼んだ。そのとき彼女の口からは、こんな意味深な発言も。

「あなたが笑顔でいれば、あなたを大事だと思っている人も笑顔になると思います」

 そこで、吉田の所属する事務所に問い合わせてみた。

「交際はしておりません。あのときに吉田が発した“あなた”というのはファンのことです。今ブログも更新することができず、何の告知もできていないのに、多くのファンが来てくれて、声援をもらったら、感極まるのは当然でしょう」


引用元:週刊女性PRIME [シュージョプライム]


犬飼貴丈「あんまりアカ抜けていない子が好き」

s-20160607_inukai

 現在放送中のドラマ『OUR HOUSE』で、芦田愛菜演じる桜子が通う中学校の教師・鏡准一を熱演中の犬飼貴丈。

「得意科目は体育と英語と国語。バリバリの文系でした! 分数がまったくダメで、中学生になると因数分解とか、さらにややこしくなるじゃないですか。だから一番嫌いなアルファベットは“X”なんです(笑)」

 キャパシティーが狭く「無理だから!」が口癖、そんな鏡先生を演じる彼ってどんな人? その素顔に大接近。19歳でジュノン・スーパーボーイ・コンテストのグランプリを受賞し、徳島県から上京した。

「僕の年齢だと、就職を考え始めたりするころ。一番、人間関係が切れやすいタイミングなんじゃないかって思うので、地元の友達とのつながりは大切にしたいです」

 方言は“まだ完璧に抜けきっていない”と笑う。好きな女の子のタイプは?

「あんまりアカ抜けてない子が好きなんです。普通にジャージとか着ていていいし……。僕があんまりしゃべらないタイプだから、一緒にいて会話がなくても気まずくならないような子がいいなと思います」

 積極的には出かけないインドア派だと話すが、彼女に「デートに連れてって!」って言われたらどこへ連れて行ってあげる?

「どこでもいいですか? それなら、地元です(笑)。飛行機なら1時間で行けるので日帰りでも十分。おいしいゴハン屋さんいっぱい知っているし、僕も実家に帰れてラクなので」

 なんとここでも地元愛炸裂。そんな犬飼、誕生日は6月13日。もうすぐ22歳を迎えるにあたっての目標は?

「22歳は映画に出たいです。どんな役でもいいから、いろんな映画に! 学園モノもやったことがないので制服を着たいです」

ドラマ『OUR HOUSE』(毎週日曜夜9時~/フジテレビ系)
 父1人、子ども4人で暮らす一家のもとへ、交際0日で結婚したという新しい奥さん・アリス(シャーロット・ケイト・フォックス)がやって来た。長女・桜子(芦田愛菜)と激しいバトルを繰り広げるが─。犬飼は、桜子が通う中学校の新任教師役。

撮影/佐藤靖彦


引用元:週刊女性PRIME [シュージョプライム]


「とと姉ちゃん」相楽樹 朝ドラ2回落選の苦渋支えた母の言葉

「とと姉ちゃん」相楽樹 朝ドラ2回落選の苦渋支えた母の言葉
「とと姉ちゃん」相楽樹 朝ドラ2回落選の苦渋支えた母の言葉
2016年05月20日

「両親は放送を毎日見てくれていますが、作品の鞠子ではなく自分の娘を見ている感覚みたいです。一度、『自分の娘が朝ドラに出るってどんな感じ?』と聞いてみたのですが、いまひとつピンときていないみたいですね」   そう語るのは、NHK連続テレビ小説...

引用元:女性自身 - 芸能 [光文社女性週刊誌]

-- Delivered by Feed43 service



『とと姉ちゃん』大野拓朗、3姉妹から「今や無視ですよ」

20160607_oono

 朝ドラ『とと姉ちゃん』で、“かか”こと、君子(木村多江)の実家『青柳商店』の跡取りである青柳清を演じている大野拓朗。

「朝ドラはみなさんに元気を与えることができると思っていますが、清は何があってもめげないという勇気を、確実に届けられていると思っています(笑)」

 “まいったなぁ~”と、ため息をつきながら自慢をするのが、お約束。

「台本を読んだとき“どうして僕のことがわかったんだろう”と思ったくらい、清が自分とかぶりました」

 オーディションでは、作品のモチーフとなった『暮しの手帖』にちなんで、“編集者っぽい格好”で臨んだという彼。

「シャツにジャケット姿。靴はイギリスのブランド『CHURCH'S』をはいてきました、とアピールし、国会図書館で『暮しの手帖』を読んできました、といっぱい自慢したんです(笑)。このことが決め手になったのかもしれませんね。よくぞ自慢した自分、と褒めてあげたいです(笑)」

 作品中のテンションのまま、現場で共演者にも接しているという彼。常子(高畑充希)ら3姉妹の反応を聞いてみると……。

「グチっていいですか? みんな最初は、すごく面白がってくれていたんです。収録中以外でも“まいったなぁ~”って僕の口癖をまねしてくれたり。それが今や無視ですよ、無視(笑)。面白がってくれなくなって……、アピールが足りないのかな。

 でも、撮影が終わって、清がいなくなったらみんな寂しいと思うんですよ。僕の中ではそういうことにしています(笑)」

 自慢ばかりの“うざい”清だが、“うざかわいい”という声も視聴者からはチラホラと……。

「多江さんに“清って切ないね”って言われました。自慢するのも、滝子さん(大地真央)に褒めてもらいたい一心で、頑張っているアピールをするためなんです。ただ自慢するだけのうざいやつではなく、健気さとか切なさを感じてもらえればうれしいですね」

<プロフィール>
おおの たくろう '09年ミスター立教に選出され、翌年『キャンパスター★H50withメンズノンノ』でグランプリを受賞し同年俳優デビュー。'16年映画『高台家の人々』『ホーンテッド・キャンパス』、'17年にはミュージカル初主演となる『ロミオ&ジュリエット』が控える


引用元:週刊女性PRIME [シュージョプライム]


玉木宏 客の反応が気になり「何度も映画館へ行った」

s-20160607_tamaki

 NHK『あさが来た』で演じた白岡新次郎役が記憶に新しい玉木宏。

「最近、ハマっているのはDIY! 日曜大工ですね。この前はテレビ台くらいの大きな棚を作りました。家で壊れたところがあったので、リフォームというかトビラを作ったりも! ケースも立派なものを買って、そこに工具をキレイにそろえて入れています。何ごともまずはカタチからって言うじゃないですか(笑)」

 朝ドラも終わって一段落。最近は休みをもらって、しばらくはのんびりモードだったそう。

「旅行に行くほどの余裕はなかったんですが、わりとゆったりできています。身体を休めたり片づけをしたり。僕、ひとつの作品が終わったり新しい作品に入るタイミングで大掃除をするんです。しばらく朝ドラの撮影で大阪に住んでいたので、荷物を東京に全部戻したんですが……部屋にはいまだに開かずの段ボールがたくさん(笑)」

 そんな朝ドラでは、ヒロイン・あさを献身的に支える夫としての姿が人気を呼び“新次郎フィーバー”も巻き起こった。

「実は僕自身、フィーバーしたという実感がないんです。すごく冷静に状況を見ている自分がいて。僕は普通に作品をゴールまで全うしただけ。でも、そう盛り上がってもらえて、すごくありがたいしうれしいです」

 そんな彼が、今回、主演映画『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』で本格ミステリーに挑戦する。朝ドラで見せた“優しい夫”の姿とは打って変わって、本作で演じるのは和製シャーロック・ホームズとも称される天才探偵・御手洗潔。

「御手洗という男は、IQ300以上で頭脳明晰、無機質で人間味のない男。いわゆる僕とは真逆の人間(笑)。身振り手振りとか余計な動きを一切なくして。“天才に見えるためにはどうしたらいいか”と、すごく考えながら演じました」

 今回の御手洗役は、原作者の島田荘司氏も大絶賛。

「御手洗シリーズはとても人気があるので、原作ファンの方のことを考えると正直少し怖いなと思っていました。でもこのシリーズ、去年映画に先駆けてドラマ化されたんですが、そのとき僕が演じた御手洗を島田先生が認めてくださったんです。もうそれで十分じゃないかと。その思いを胸に、本作の撮影に臨みました」

 それでも演じる側としては、やっぱり見てくれた人の反応が気になると玉木。

 ブレイクのきっかけとなった『ウォーターボーイズ』のときは、映画館に足を運んで、お客さんの反応をその目で確かめていたそう。

「実際、お客さんの反応はどうなんだろうと、何度も映画館へ行きました。いちばんうしろに座ってお客さんがどういうところに反応するのか、その反応がすごくうれしかったんです」

 今でも時間があれば映画館に行くこともあるとか。映画館のほか、休日には市場やスーパー、そして意外や意外、ケーキ屋さんに入ることも。

「僕、ケーキとかおはぎとか、甘いものが好きなんです。えっ、意外?(笑)休憩時間にもフラッとケーキ屋さんに入ったりしますよ。おしゃれなケーキがたくさんありますが、シンプルなイチゴのショートケーキがいちばん好き。苦~いコーヒーをチビチビ飲みながら甘~いケーキを食べるのが好きですね」

映画『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』(6月4日全国ロードショー)
 世界が認めるミステリー作家・島田荘司原作の傑作・御手洗潔シリーズが待望の映画化。立て続けに発生した3つの事件。一見関連のないように思われたこれらの出来事だったが、天才脳科学者・御手洗潔(玉木宏)の超人的な推理により、衝撃の真相が明らかになっていく。

撮影/佐藤靖彦


引用元:週刊女性PRIME [シュージョプライム]


すみれ、結婚相手は「パパに似た人はNO!NO!NO!」

s-20170607_sumire

 CMやバラエティーなどで人気のすみれが『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』でスクリーンデビューを果たす。

「中学のときの授業でお芝居に目覚めたんです。私の通われていた……、ん? じゃなくて、通っていた学校では(笑)、昔の人々を演じることで歴史を学ぶ授業があって。それが楽しくてお芝居に興味を持ったんです」

 '15年に急逝した今井雅之さんが手がけた舞台の映画化で、軽度な知的障害を持つ主人公(川平慈英)が旅先で出会う、おしゃべりな女性を演じている。役との共通点ってなにかある?

「今回の役は、私に似ています。人に対してオープンだったり、周りを気にするわりに自由とか、しゃべりはじめると止まらないとか(笑)。主人公の境遇と自分の生い立ちに重なる部分も多く、グッとくるものがありました」

 両親の離婚で7歳のときに母・松原千明とともにハワイへ移住。離れて暮らすことになった父・石田純一には、当時、こんな思いを抱えていたという。

「パパがいなくなったのは私のせいかな、という思いがありました。この映画の中でも主人公がお父さんに“なんでいなくなったの?”と問いかける場面があるけど、すごく共感できて。みんなと違うからという理由で主人公がいじめられるシーンでは、“文化の子”と言われたことや、英語がしゃべれなくて苦労したときのことを思い出しました」

 石田と再会したのは17歳のとき。何がきっかけだった?

「小さいころはパパに対して怒っていたけど、ちゃんと話を聞いてみたいと思うようになって。大学の学費の相談もしたくて、私から手紙を送ったんです。10年ぶりのパパはイメージどおりでした。いい人だなと思ったけど、チャラチャラしていて(笑)。“ズボン短すぎじゃない?”とか、ツッコんだと思います(笑)」

 それからの仲よし父娘ぶりは、ご存じのとおり。石田の再婚相手・東尾理子とも家族ぐるみで交流している。現在3歳半の弟と生後2か月の妹がいるけど、それって正直、どんな気分?

「自分の子どもになれるくらいの年の差なので、わけわかんないですよね(笑)。でも、ふたりともすご~くかわいくて! 30歳までに子どもを産みたいという気持ちがますます強くなりました」

 ということは、そろそろ結婚を考えていたりする!?

「結婚願望はバリバリあります! 好きな男性のタイプ? パパと似た人は、NO、NO、NO~です(笑)。浮気もチャラいのもNG!“パーティーピーポー”もダメ(笑)。私だけを思ってくれる人で、しっかりしている人がいいな。だけど結局、しっかりしていない人と結婚しちゃいそう……(苦笑)」

 その分、子どもがしっかりした子に育つのではというと、「確かに! イエーイ!」と、記者に元気よくハイタッチ。

 今秋には映画『The Shack』でハリウッドデビューも控えている。あらためて女優業は楽しいか聞いてみた。

「お芝居は超難しいし、どれだけやっても納得しないものだけど、だからこそ面白い! これから先も、いろんな役にチャレンジしてみたいな」

映画『手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~』
 知的障害を持つ真人(川平慈英)はかつて愛した女性との約束を思い起こし、伊勢神宮へと車で向かっていた。その矢先、ヒッチハイクする麗子(すみれ)に出会い、車に乗せることに……。

 '15年に急逝した今井雅之が企画・原作・脚本・主演を務めた舞台を映画化。監督の奈良橋陽子を筆頭に、主演の川平慈英、中居正広、別所哲也など、今井にゆかりのあるキャストが集結。5月28日(土)より、お台場シネマメディアージュほか、全国順次公開。

撮影/高梨俊浩


引用元:週刊女性PRIME [シュージョプライム]


竜星涼“読んではいけない漫画”映画化で無残な姿に

竜星涼“読んではいけない漫画”映画化で無残な姿に
竜星涼“読んではいけない漫画”映画化で無残な姿に
2016年05月20日

「今まで自分が演じてきた役をふり返ってみると、こういう役を演じることは想像もつかなかったので、ある意味、自分に挑戦状をたたきつけられた気がしてすごくありがたかったです。いいきっかけをもらったなと。タブーな世界観を映画として世に出すという挑戦...

引用元:女性自身 - 芸能 [光文社女性週刊誌]

-- Delivered by Feed43 service



おいしくてヘルシー「ノンオイルドレッシング」ランキング

おいしくてヘルシー「ノンオイルドレッシング」ランキング
おいしくてヘルシー「ノンオイルドレッシング」ランキング
2016年05月25日

 栄養バランスや摂取カロリーを気にしてサラダを意識的にとる人が増えている。しかし、油分の高いドレッシングをたっぷりかけてしまうとカロリーオーバーになることも……。そこで、最近注目のノンオイルタイプ・ドレッシングをランキング!

引用元:女性自身 - グルメ [光文社女性週刊誌]

-- Delivered by Feed43 service



フォロワー6万人の82歳「おバカさんはブロックします(笑)」

mizono

 今、ツイッター上で老若男女の心に刺さると話題を呼んでいる“つぶやき”がある。

「ともかく自分の人生は自分のもの。自分のために生きるのが当然。そして自分の責任。人が何とかしてくれるものではない」

「若い時に考えない人、年取ればなお考えない」

 発言の主は、まもなく82歳を迎えるミゾイキクコさん。高齢にもかかわらず、毎日ツイッターを更新し、これまでにつぶやいた数は驚きの17万ツイート。自身の経験から紡がれる深く重みのあるつぶやきは、6万人を超えるフォロワーを集め、ついには書籍化に至ったほどだ。

 どうしてそんな名つぶやきが生まれるのか。その活力の源を探るべく、ミゾイさんを直撃した。

「鳩山由紀夫さんが開始したことを機に、私もツイッターを始めました。60歳を過ぎた鳩山さんにできるなら、75歳(当時)の私でもできるだろうって(笑)。初めは全く反応がありませんでした。ところが、戦時中の体験や敗戦後の生活、高齢者問題などをつぶやくようになってから、どんどんフォロワーさんが増えていきましてね」

 ツイッターを通じてさまざまな人と交流をするうちに、特に若い人が“昔の日本”について、高い関心を持っていることに気がついたとミゾイさんは振り返る。

「《塩が統制品で貴重なものだった》《衣服を買うのに、切符の割り当てがあり、その点数の範囲で買った》など、私たちの世代では当たり前のことでも、若い人たちからすればそうじゃない。興味として伝わっていくさまは感慨深かったです。 そういった思い出以外も、私のつぶやきは理想じゃなくて、すべて実体験から感じたことですから。もちろん、中にはろくでもない揚げ足を取る人もいますが、そういうおバカさんは、交信するだけ時間の無駄なので“ブロック”します(笑)」

 面倒くさい相手への作法も心得ているとは、さすがカリスマユーザー。ツイッターは若者のツールだと思われがちだが、ミゾイさんは「年齢を重ねた人こそつぶやいてほしい」と確言する。

「政治的な発言や思想性の強いメッセージとは違い、実体験に基づく私たちの経験には、若い人も真摯に耳を傾けてくれます。当時、どんな状況でどんなことがあったのか……昭和の激動の時代を知る世代は、ネット上の便利なツールを通じて、自分の経験を後世に残して有効活用してほしい。 特にツイッターは誰でも手軽にできるからこそ、自分の体験を発信する装置として重宝します。老後を漠然と過ごすより、よっぽど生活に張りも出てくると思いますよ」

<プロフィール>
みぞい・きくこ 1934年、埼玉県生まれ。お茶の水女子大学理学部卒業後、高校教諭(生物)に。26歳のとき結婚を機に退職。2人の息子と小学生の孫2人がいる。2010年1月からツイッターを始め2016年4月現在でフォロワーは6万8000人にのぼる。ミゾイさんの珠玉のつぶやきをまとめた著書『何がいいかなんて終わってみないとわかりません。』(KADOKAWA刊)が好評発売中。


引用元:週刊女性PRIME [シュージョプライム]


ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。